髪がぺちゃんこになる…若々しいボリュームのある髪にする方法!

髪のせいで老けて見えるのが悩みでした…

 

 

 

歳を取って前みたいに髪の毛がフワッとしなくなった…。

 

髪がぺちゃんこで老けて見える…。

 

老けて見えるせいで写真撮られるのが嫌いになった…。

 

 

 

歳を取ると、どうしても髪のハリコシが無くなってきますよね。

 

昔のようなボリュームのある髪にしたい!

 

でも諦めるしかないの…?

 

そんな悩みを抱えている人はきっと多いと思います。

 

 

 

 

 

私もそんな悩みを抱える40代の主婦です。

 

30代の後半くらいから徐々に髪に元気がなくなってきて、

 

朝起きると髪がぺちゃんこになっていることが多くなりました。

 

ワックスなどを駆使して頑張ってスタイリングしてもふんわり感は長く続かず、

 

またすぐぺちゃんこに…。

 

 

 

最近の自分の写真を見ると、髪のボリュームがないせいで

 

急に老け込んだような印象になってしまいました。

 

普段も人にこういう風に見られていると思うと、どんどん人の目があるところに行くのが怖くなり、

 

一時は必要な時以外はなるべく外出しないようになるほど。

 

私には小学生の娘がいるのですが、特に若いお母さんが多い学校行事などに参加するのは、

 

年齢も相まって気が引けていましたね。

 

 

 

でもいつも自信なさげなお母さんなんて嫌ですよね。

 

娘のためにもこもう少し若々しいお母さんになろう!

 

そう思い直した私は、髪がぺちゃんこになる原因を色々調べて、対策をしてみることにしたんです。

 

髪がぺちゃんこになる原因は沢山ある!

 

 

 

私はまず色んな雑誌やインターネットで髪のボリュームがでない理由を探してみることに。

 

髪がぺちゃんこになる原因は歳のせい…私はそう決めつけていましたが、

 

調べてみると、実は他にも原因は色々ありました。

 

歳のせいだと諦める前に、ボリュームが減っている原因は他にもないか、

 

確認してみたほうがいいかもしれませんよ。

 

 

老化によって髪はハリやコシが無くなる

 

 

 

とは言ったものの、やっぱり原因の1つとして加齢の影響はあります。

 

歳を取ると髪にハリやコシが無くなるのは、主に女性ホルモンの1つエストロゲンが減少するため。

 

エストロゲンは女性らしい身体を作ったり、健康を保つなど女性にとって必要不可欠なものなんですが、

 

歳を取るとともにどんどん分泌量が減少してしまいます。

 

その結果、髪がだんだん細くてハリ・コシがなくなり、若い頃のようにボリュームのあるヘアスタイルが

 

やりづらくなってしまうんです。

 

 

 

エストロゲンの減少によって、他にも抜け毛、つやが無くなるといった髪トラブルが起こることも。

 

エストロゲンの減少は歳を取れば誰にでも起こることですが、どのくらい影響があるかは個人差があります。

 

この辺りは遺伝とか運にも左右されますが、ヘアケアや健康的な生活習慣を送ることで

 

ある程度悪影響を減らすことはできるため、諦めずしっかり対策をしてみてください。

 

 

髪の栄養不足や生活習慣の乱れ

 

 

 

30〜40代になると、育児や家事、仕事などが忙しく、なかなか自分のことにまで手が回らなくなることも

 

多いですよね。

 

髪の毛も身体の一部ですから、そんな生活習慣の乱れもダメージに繋がっているんです。

 

生活習慣によって髪が細くなる原因は大まかに分けて3つあります。

 

 

 

1つ目は髪の栄養不足

 

髪はそのほとんどがケラチンというタンパク質で作られています。

 

ただ、タンパク質は髪以外にも臓器など生命維持に欠かせない部分にも使われており、

 

髪の毛に振り分けられる優先度は高くありません。

 

そのため、充分栄養が足りていないと髪にまで行き渡っていない可能性があります。

 

 

 

また、タンパク質以外にもビタミン類、亜鉛、オメガ3脂肪酸など髪に必要となる栄養素は意外と多く、

 

偏食していたり、インスタント食品ばかりを食べているとこれも髪が細くなる原因に。

 

まずは食事でしっかり髪に栄養を与えてあげましょう。

 

詳しくは↓の対策でも書いてみますね。

 

 

2つ目は睡眠不足

 

髪の成長ホルモンは夜に分泌されます。

 

不規則な生活になってると、成長ホルモンがしっかり出なくて髪が健康的に育たない可能性も。

 

睡眠不足を感じている人は睡眠時間の見直しはもちろん、

 

毎日同じ時間に寝起きして髪の成長ホルモンを出しやすくしてあげましょう。

 

 

3つ目はストレス

 

家庭のこと、仕事のこと、近所のこと、子どものこと…。

 

日常的に色んな悩みやストレスがそれぞれあると思いますが、これがストレスとなって残ってしまうと、

 

身体がピリッと緊張した状態が継続してしまいます。

 

このような緊張状態の時、身体は自然と血の巡りを抑える働きがあるんですが、

 

これが仇となって髪に充分な栄養が行き渡らないことが起こります。

 

誰かに悩みやイライラを相談したりして、なるべく早めにストレスを解消し、

 

ストレスを引きずらないようにするのが大切です。

 

 

頭皮や髪にダメージがある

 

 

 

女性であれば、ほとんどの方がヘアケアには気を遣っていると思いますが、その方法が間違っていたりすると、

 

逆に頭皮や髪にダメージを与える結果になってしまいます。

 

  • シャンプー・トリートメントの使い方
  • 髪の乾かし方
  • シャンプーの選び方

 

あなたは正しい方法を知っていますか?

 

 

 

実際に正しい方法で洗えていたとしても、使っているシャンプーが刺激が強かったりすると、

 

それも頭皮や髪を傷付ける原因になりますし、頭皮が荒れていればどれだけ栄養を与えても

 

髪は立派に育ちません。

 

↓の対策では、ヘアケアの仕方からシャンプーの選び方まで様々な対策を書いてみたいと思います。

 

家でできる髪をボリュームアップする方法

 

 

 

髪がぺちゃんこになる理由を書いてきましたが、自分がなぜボリュームが減ってきているのか

 

原因がはっきりわからない場合の方が多いと思います。

 

私自身、(歳も関係ありそうだけど、食事もそこまで考えて食べてる訳じゃないし、

 

ヘアケアもそこまで詳しくないかな…)と、考え始めると全て当てはまりそうな気もしてきます。

 

 

 

そこでここでは、そんな人におすすめの髪の健康を取り戻すための対策をご紹介したいと思います。

 

どちらも家でできることですし、そこまでお金もかかりません。

 

必要なのはやる気だけです!

 

 

栄養補給でボリュームアップ

 

 

 

まずは髪に必要な食事を摂る、という方法です。

 

ここでは、特に髪に良いとされる成分や食べ物を紹介します。

 

ただ、勘違いしてほしくないのは、これらの物だけ食べるってことではありません。

 

色んな栄養素を満遍なく食べるのが大前提で、中でもここで紹介する物を多めに食べましょう、ってことです。

 

くれぐれも偏食にならないように注意してくださいね。

 

 

タンパク質(アミノ酸)

 

 

 

髪の原料はタンパク質ということは上でお話した通りです。

 

タンパク質が最も摂りやすく豊富なのは卵で、その他お米や肉、魚、大豆食品など

 

様々な食品にタンパク質は含まれています。

 

 

 

普通に食事を摂っていればタンパク質不足になるようなことはないと思いますが、

 

問題になるのはダイエット時です。

 

野菜のみのダイエットをしているとまれにタンパク質不足に陥ることもあるかもしれません。

 

この場合は、豆腐・納豆などの大豆食品や鶏肉などでタンパク質を摂るようにすると、

 

カロリーを抑えてタンパク質を摂取することができますよ。

 

 

ビタミン類

 

 

 

ビタミン類とはビタミンCビタミンB群ビタミンA(βカロテン)ビタミンEを指します。

 

美容全般に大事なビタミン類は、やっぱり髪にも大切です。

 

ビミタン類が含まれる食べ物とそれぞれの効果は↓の通り。

 

 

髪・頭皮への効果

多く含まれる食べ物

ビタミンC

頭皮を老化させる活性酸素を除去し、
頭皮のコンディションを整える

レモン、アセロラ、イチゴ、ミカン
パセリ、赤ピーマン、ジャガイモなど

ビタミンB2

頭皮から過剰分泌させる皮脂を抑え、
髪の成長(細胞分裂)を活発にする

レバー、鶏・豚・牛肉、うなぎ
納豆、いくら、焼きのりなど

ビタミンB6

タンパク質から髪を生成する

マグロ、カツオ、サケ、いわし
にんにく、とうがらしなど

ビタミンA

頭皮に潤いを与え、乾燥やフケ・痒みを防ぐ

ニンジン、ほうれん草、かぼちゃ(βカロテン)
レバー、うなぎ、あなご(動物性ビタミンA)

ビタミンE

血管を広げ髪へ栄養が届きやすくする、
ビタミンCとの相乗効果で抗酸化作用を高める

ナッツ類、いわし、いくら
オリーブ油、なたね油など

 

 

どれも重要なことには違いないですが、ビタミンAとビタミンEは脂溶性ビタミンと言い、

 

余った分が尿で出ていかず身体に留まってしまうので、摂りすぎにも注意です。

 

摂りすぎると逆に脱毛などの逆効果になってしまうこともあります。

 

特に動物性ビタミンAは鶏レバーや豚レバーで100gで数日分相当のビタミンAを摂取することになるので、

 

これらの摂りすぎは注意しましょう。

 

野菜に含まれるβカロテンであれば、摂りすぎた分はビタミンAにならず溜めこめるので、沢山摂っても

 

問題ありません。

 

 

 

一方、ビタミンCやB群に関しては水溶性ビタミンで沢山食べても尿で排出されるため、

 

摂りすぎはあまり問題になりません。

 

代わりに、毎日定期的に摂らないといけないんですけどね。

 

 

亜鉛

 

 

 

亜鉛は牡蠣などに含まれる成分です。

 

亜鉛には摂取したタンパク質を髪のもとに変える効果があり、これも立派な髪を育てるには必要な成分なんですが、

 

ここまでで上げてきた成分に比べ、摂りづらいというのが難点です。

 

事実、>日本人の多くが亜鉛不足なんだそうですよ。

 

 

 

牡蠣であれば2,3個食べれば1日分の摂取量がクリアできますが、そんなに毎日食べるものでもないですよね。

 

他にも牛肉やからすみ、煮干し、するめ、チーズなどに含まれていますが、肉・魚類に含まれていますので、

 

上手く日頃の食事に取り込めるように工夫してみてください。

 

 

オメガ3脂肪酸

 

 

 

最近健康食品として注目を集めるオメガ3脂肪酸ですが、実は髪にも良いと言われています。

 

オメガ3脂肪酸が髪に良いと言われる理由は

 

  • 血行促進効果によって髪へ栄養が届きやすくなる
  • 髪を丈夫に太くする

 

で、まさに髪のボリュームに悩む人にはぴったりな食品です。

 

 

 

ただ、これも意識して摂らないと不足しがちな成分です。

 

オメガ3脂肪酸は、サンマ・いわしなどの青魚、えごま油、亜麻仁油、くるみ、栗などに含まれていますが、

 

青魚が好きな家庭はともかく、それ以外ではなかなか食べる機会が少ないものばかりです。

 

えごま油や亜麻仁油であれば毎日小さじ1杯分くらいで必要摂取量が摂れるので、

 

これらを毎日飲む習慣をつけてみるのもいいかもしれません。

 

 

その他の食品

 

 

 

上で挙げた食品は全て髪に良いとされrものでしたが、それ以外にも間接的に髪に良い食品もあります。

 

例えば豆腐、納豆などの大豆食品は、大豆イソフラボンという成分が含まれていますが、

 

こtれは女性ホルモンと同じような働きをすることが知られており、女性ホルモンの不足を補ってくれます。

 

女性ホルモンの減少が髪のハリに影響を与えている場合には、これも有効ですよね。

 

 

 

このように髪と関係なさそうでも、間接的に影響を及ぼす栄養素もありますので、

 

なるべくバランスの良い食事を心がけてみてくださいね。

 

 

ヘアケア対策でボリュームアップ

 

 

 

続いてはヘアケアによるボリュームアップ対策です。

 

失敗すると逆効果になりますが、しっかりできていればそれだけで

 

ボリュームアップ効果も期待できる私が思う最重要な対策です。

 

正しいヘアケアをしっかりマスターしてみてください。

 

 

正しいシャンプーのしかた

 

 

 

私も驚きだったのが、正しいシャンプーのしかたです。

 

誰かに教えてもらう機会もないですし、結構間違った洗い方をしている人も多いと思います。

 

いきなりシャンプーをとってベタッと髪につけるのは全然ダメ!

 

実際の正しいシャンプーのやり方は以下の通りです。

 

 

1.乾いたままの状態でブラッシング

 

まず最初にやることは、乾いた状態でのブラッシング。

 

これ、知ってました?

 

こうすることで、髪についた埃を落とし、洗うときに髪がもつれないようにするんです。

 

まずは毛先をとかし、前髪、サイド、頭頂部、後頭部と順番にとかしていきましょう。

 

 

 

この時に使う櫛はできるだけ、静電気が出ない良いものを使うと

 

髪が傷みにくくなります。

 

 

2.シャワーのお湯で髪や頭皮を洗う(予洗い)

 

ブラッシングが終わったら、シャンプー・・・・の前にまずは髪全体をシャワーし、

 

髪と頭皮にお湯を馴染ませます。

 

これは「予洗い」と言われ、は汚れを落とす目的で行いますが、

 

この予洗いを行うことで、実は髪と頭皮の汚れは80%くらい落ちると言われています。

 

 

 

予洗いをすることでシャンプーの泡立ちが良くなったり、シャンプーの量を減らせて

 

シャンプーを落としきれないというトラブルを防いでくれるんですね。

 

予洗いの目安としては3分くらい。

 

結構長いですが、時間をかけることでシャンプーの泡立ちが全然変わってきますよ。

 

 

シャンプーを手で泡立てる

 

シャンプーは出してそのまま頭にのせる人も多いと思いますがこれはNG!

 

でもこのように使ってしまうと、シャンプーがべっとりつく場所と

 

全然ついてない場所でムラになり、綺麗に洗うことができないんです。

 

シャンプーは手でしっかり泡立てて、その泡を乗せていく洗顔料のような使い方をしてください。

 

(頭皮も顔の一部ですからね。)

 

 

シャンプーを頭皮に馴染ませて洗う

 

ここまでやってから、ようやくシャンプーを頭につけて洗い始めます。

 

ただ、ここでも勘違いしがちなポイントが1つ。

 

シャンプーは髪の毛を洗うものではなく、頭皮を洗うためのものです。

 

そのため、シャンプーは髪につけるのではなく、頭皮になじませるように洗いましょう。

 

 

 

そして、頭皮は傷付けないように絶対に爪を立てて洗わないこと。

 

指の腹で軽く押し込むような形で全体を洗っていきます。

 

しつこくゴシゴシしなくても、予洗いをしていればこれで十分に汚れは落ちるはずです。

 

 

しっかりシャンプー剤を洗い流す

 

そして最後の仕上げはすすぎですが、これを簡単に済ませてしまうと、

 

シャンプーが地肌や毛穴に残って様々な頭皮トラブルの原因になります。

 

しっかりシャンプーを落とせないのなら、シャンプーしない方がましな程ですので、

 

シャンプーの中でも一番時間をかけ、しっかり泡を落としきってください。

 

髪が長い人であれば、5分くらいすすぎ続けるくらいでいいかもしれませんね。

 

 

コンディショナー・トリートメント頭皮につけない

 

シャンプー後にトリートメントやコンディショナーをつける人も多いと思います。

 

この場合に注意しなければならないのは、頭皮につけないということです。

 

トリートメントやコンディショナーはシャンプーと違い、

 

髪につけることで髪を保護したり補修したりします。

 

しかし、頭皮につけてしまうと毛穴に入り込み、詰まりの原因になったりなど

 

逆効果になってしまうんです。

 

 

 

トリートメントやコンディションナーを使う場合は頭皮につかないように、毛先にだけ

 

つけるようにしてください。

 

こちらも洗い流すタイプの場合、すすぎはしっかり完璧に落としてくださいね。

 

 

髪を洗ったら必ずドライヤーを使う

 

 

 

お風呂に入り、シャンプーした後は自然乾燥派とドライヤー派がいますが、

 

自然乾燥は髪にダメージを与えるためNGと言われています。

 

髪が濡れた状態はキューティクルがはがれやすく、傷つきやすい状態。

 

放置すれば、せっかくトリートメントで髪に栄養を与えていても、

 

全く無意味になってしまうんです。

 

 

 

ドライヤーで上手く乾燥させてあげることで、栄養をキューティクルと一緒に閉じ込め、

 

ついでにボリュームアップさせることもできます。

 

 

ドライヤーで乾燥させる時のポイント

 

まずドライヤーをかける前にバスタオルでしっかり髪の水気を拭き取ります。

 

ゴシゴシ擦るとやはり髪に良くないので、ポンポンと押し当てるように拭き取ってください。

 

 

 

ある程度水気が取れたら、今度はドライヤーを髪の毛から20cmほど離して

 

髪の根本に当てるように使います。

 

髪の流れに逆らってドライヤーの風を当てるようにすることで、髪の根本を立たせ、

 

ぺちゃんこを防ぐんですね。

 

ただ、同じ部分に熱風を当てすぎるのも良くないので、こまめにドライヤーを動かしながら、

 

乾かしてください。

 

短時間で髪全体を乾かすのが理想なので、できれば風量の強いドライヤーを使うのが良いでしょう。

 

 

スタイリング剤はつけすぎない

 

 

 

髪のボリュームアップさせたい方にとってはスタイリング剤は必需品とも言えますが、

 

実はワックスやムースは使い過ぎると逆に毛先が重くなってぺちゃんこ髪になりやすくなります。

 

 

 

ボリュームアップの点だけでいうのなら、スプレータイプのスタイリング剤が一番適しています。

 

髪の根本にスプレーして根元から髪をふんわりさせるように使いましょう。

 

ただ、スタイリング剤を使うと頭皮は確実に汚くなるので、シャンプーはしっかりしてくださいね!

 

ボリュームアップに効果ありのシャンプーとは?

 

 

 

ここまで色々なボリュームアップ方法を書いてきましたが、

 

私が最もボリュームアップに効果があったのはシャンプーを変えたことです。

 

どれだけ食事に気を遣っても、どれだけヘアケアのやり方に気を遣っても

 

シャンプーがダメダメならぺちゃんこ髪はなかなか改善しません。

 

 

 

例えば市販の安いシャンプーなんかは、洗浄力が強すぎて頭皮の皮脂を

 

根こそぎ洗い流してしまいます。

 

すると、身体は皮脂が無くなったことに危機を感じて、より多くの皮脂を分泌するようになるんです。

 

そんな大量の皮脂で毛穴が詰まってしまった結果、やせ細ってハリ・コシがない髪の毛しか

 

生えてこなくなってしまうんです。

 

 

 

ではどんなシャンプーを選べば良いかというと、注目するポイントは2つ。

 

 

アミノ酸系の界面活性剤を使っているシャンプー

 

界面活性剤とは要するに髪を洗浄する成分のこと。

 

スーパーやドラッグストアで一般的に売られている有名どころのシャンプーは、

 

上でも書いたように、洗浄成分が強すぎるんですよね。

 

例えばラウリル硫酸、ラウレス硫酸などと記載があるシャンプーがそれに当たります。

 

 

 

一方、最近これらの頭皮や髪に悪いシャンプーを使いたくない、というニーズに応え、洗浄力は少し弱くても

 

髪や頭皮に優しい界面活性剤が配合されたシャンプーも発売されるようになってきました。

 

これの代表格と言えるのがアミノ酸系の界面活性剤を使ったシャンプーです。

 

 

 

髪の毛がタンパク質でできているという話は上でもしましたが、そのタンパク質を構成しているのは

 

アミノ酸という成分です。

 

つまりアミノ酸系の合成界面活性剤は、髪と同じ成分で洗うことになるので、

 

髪に優しくマイルドな洗い心地になるんですね。

 

 

ノンシリコンのシャンプーを選ぶ

 

最近CMでもよく言われるようになった「ノンシリコンシャンプー」というフレーズ。

 

これは「シリコンが入っていません」という意味だということは誰でも分かるとは思いますが、

 

そもそもなぜ今までシリコンが入っていたのか?、ノンシリコンを強調するのはなぜなのか?

 

ってことまで知ってますでしょうか?

 

 

 

そもそもこれまでシリコン入りシャンプーが主流だったのは、洗うときに髪と髪との摩擦を軽減するためです。

 

髪同士をゴシゴシ擦り合わせると、髪が傷つき抜け毛・切れ毛などの原因になります。

 

そのようなダメージを防ぐためにシリコンは入っていたのです。

 

 

 

しかし、シリコンは髪のダメージ箇所にくっつきコーティングする、という性質があるんですね。

 

これ自体はダメージヘアが綺麗に見えて良い部分もあるのですが、時間が経つとシリコンは剥がれ落ち、

 

その時に大事な髪のキューティクルまで一緒に剥がしてしまうんです。

 

また、頭皮が汚い状態だとその汚れにシリコンが付着しコーティングするので、

 

ますます汚れが取りづらくなるというデメリットもあります。

 

このようなことから最近ではノンシリコンシャンプーが注目を集めるようになったのです。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーは洗い上がりがきしみやすいものが多く、未だにシリコン入りの方が

 

良いという人もいますが、総合して考えればきしまないノンシリコンシャンプーがベストってことになります。

 

 

私がおすすめのボリュームアップシャンプー!

 

シャンプーを選ぶ基準を紹介しましたが、最後に実際私が使ってみてボリュームアップに効果があった

 

シャンプーをご紹介したいと思います。

 

それが「haru黒髪スカルプ・プロ」というシャンプーです。

 

 



 

 

 

私がこれを選んだ理由は、アミノ酸系界面活性剤&ノンシリコンというのはもちろんですが、他にもあります。

 

それは「キャピキシル」が高濃度で配合されている点。

 

これは近年、「抜け毛を防ぐ」「ヘアサイクルの乱れを改善する」効果が期待できるとして注目を集めている、

 

天然由来の成分です。

 

医薬品ではないため、副作用がないという点もポイントですね。

 

 

 

髪の毛がぺちゃんこになるっていうことは、場合によっては髪の毛自体が減っている可能性もありますよね。

 

(あまり考えたくないことですが…。)

 

男性ほど豪快に抜ける人は少ないですが、女性でも抜け毛に悩む人は少なくないと言いますし、

 

私自身、ちょっとその点も不安があったんです。

 

髪の絶対数が少なくなっていたら、いくら髪をボリュームアップしたところで昔のようには行きません。

 

ですから、頭皮や髪のケアと同時に、このような抜け毛ケアも一緒にできる「haru黒髪スカルプ・プロ」を

 

選ぶことにしたんです。

 

 

 

 

 

 

実際に使ってみた感想ですが、まずは洗い上がりがしっとりしていて驚きました。

 

私は以前、別のノンシリコンシャンプーを使ったことがあったのですが、その時は髪がガサガサになって

 

余計に髪にダメージを与えている印象だったんです。

 

このシャンプーだと、シリコン入りのシャンプーか、それ以上にしっとり!

 

しかも、コンディショナーなしで、ですよ。

 

これはすごいと思いました。

 

 

 

で、肝心のぺちゃんこ髪も、見事に克服できました!

 

シャンプーしてドライヤーを当てると、これまでどうやってもすぐに沈んでいた髪の毛が長時間

 

ふんわりをキープできるようになったんです。

 

シャンプーでここまで変わるなんて!と本当に感動ものでしたよ。

 

朝のスタイリングも今までより短時間で済むようになりましたし、

 

髪型もすぐにぺちゃんこになるようなこともありません。

 

 

 

自分に自信がついたおかげで、最近は他のお母さんの前でも卑屈にならずに

 

堂々としていられるようになりました。

 

おかげで「最近、なんか変わったね」と言われたりもするように(笑)

 

 

 

 

 

「haru黒髪スカルプ・プロ」は公式サイトから3,600円(税抜)で購入できます。

 

シャンプーとして見れば決して安い物ではありませんが、私のように老けて見えることで

 

卑屈になっている人には値段以上の価値ありだと思います。

 

30日間返金保証も付くので、万が一合わなくてもお金のリスクはゼロですし、

 

まずは一回試してみてください!